2021年もいよいよ終わり。

今年もお世話になった皆様には感謝しかありません。



せっかくなので、今年の釣果を振り返ってみましょう。全部はとても載せきれないので一部だけ。




今シーズンのスタートは

FullSizeRender
FullSizeRender

世良さんのグローリーで、
東京湾ボートシーバス!最高でした☆


そして、その後はすぐリバーシーバスにスイッチが入り、

FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

シーズン中はとても楽しませてもらいました☆
外道も含めて(笑)



昨年よりはイマイチだったものの、
ショアジギングもそこそこ楽しめました☆


FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

ルアーチェンジをしている最中に近くにいたアングラーのメタルジグが飛んできて直撃し、
9.9Hが折れるというアクシデントも。
あと10cmズレてたら顔面に直撃でした。
皆さんも釣りをする際には常に周囲に気を配りながら釣りをしましょう!




メバルの方は、

FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
デカいのから小さいのまで楽しみました☆



そして何と言ってもいつもお世話になっている小名浜の船長・シンさんとの出会いがなければ今シーズンここまでスキルアップは望めませんでした。

FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

例年の船に乗る回数を考えると、1シーズンで既に一生分船に乗ってしまった計算になります(笑)
とにかく沢山釣らせて頂きました。

今や地元の漁港や堤防のほとんどが立入禁止・釣り禁止になってしまい、今や川以外まともに釣り出来る場所がない状況です。
正直そんな状況に絶望し、テスターとしての活動をやめようとさえ思いました。
そんな絶望の中、船上という釣り場を提供して頂き、本当に助かっております。

本当にありがとうございますm(_ _)m



相馬のシロサイ船長にもお世話になりました。

FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender


このモンスターに出会えたのはシロサイ船長のおかげです。
ありがとうございました。



船長お2人のおかげで、ルアマガ+で良い記事を書くことが出来ました(^_^)


無料で読めるルアマガ+のweb記事↓
https://plus.luremaga.jp/2021/12/10/128873/



雑誌の方にも載せて頂きました(^^)

IMG_5355


去年出来なかった試投会を無事開催出来たのも嬉しかったなあ。


FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

今年は楽しいことが色々ありすぎて書ききれないのでこの辺にしておこうと思います。



仕事でお世話になった皆さん。
釣りで仲良くしてくれた皆さん。
SNSで仲良くしてくれた皆さん。
サポートしてくれたメーカーの皆さん。
今でも仲良くしてくれる友人の皆さん。

本当に
ありがとう
ございました。


来年もよろしくお願い致します。



来年は初っ端からカッ飛ばして行くつもりですのでよろしくお願いします☆















やど〜も!

最近めっきり寒くなっちったね!
マイナス気温突入しっちゃって、寒くてやんなっちゃ〜ね、もう!




そんな中でも釣りは行ってっかんね?
写真いっぱいあって載せきれないから一部だけ。

FullSizeRender

FullSizeRender


FullSizeRender


IMG_4670

メバル釣ったり、


IMG_4622

でっけえクロソイ釣らしてもらったり。

IMG_4623
IMG_4624

52cmもあっただよ。でっけぇべ?


んでここ最近は

FullSizeRender

アジングにも行ってんだわ。
ロッドはBeams inte 6.4UL。


FullSizeRender
ジグ単ばっかりだと飽きっちゃーから、
トップでアジ釣ったり(笑)


IMG_4892

ベイトの利点活かしたULジギングでデカアジ釣ったり。
ロッドはB.C.4 - 5.10L。


IMG_4894

ちっちゃいのからデカいのまで大小入り乱れてバケツ満杯。やっぱアジは楽しーね!


ちなみに今は忘年会のシーズンだからさ、釣れたアジは

FullSizeRender

なめろうにしたり、


FullSizeRender

エスカベッシュにしたりして、うちの店でお客さんに提供したっぺよ(笑)

アジはうめえからお客さんも喜んでたっぺよ。













(茨城弁モード終了)











さてさて!

今回のお題である、最近導入したギアについてのご紹介。



まずはルアーボックス。

INX.label

FullSizeRender
ランガンプラグコンテナー!
https://www.inxlabel.com/product/636.html

自分は基本的にオカッパリのメバリングはプラグだけでやることが多いんですよ。
特にトップの釣りが大好物♪

なので、プラグをボックスに詰め込んで持ち歩くわけですが、ちょうどいいボックスが見つからず、収納方法に関して長年モヤモヤしてきました。

そんな中で出会ったのが、
このINX.labelさんの
ランガンプラグコンテナー。

FullSizeRender

中はこんな感じ。


FullSizeRender

中蓋はこんな感じに開きます。


FullSizeRender
こんなに入れられる!見かけ以上の収納力♪
あまりにも使いやすいので、


FullSizeRender

追加で3個購入(笑)

ライトゲーム用ボックスはコイツで決まり😆






続いては、
我らがFishmanから

IMG_5041

ムーバブルシステムベルトシリーズ!!

ワタクシが導入したのはその中の、


FullSizeRender
ルアーバッグ(M)。

http://www.fish-man.com/systembelt.html

肩ひもが付属してるので、ショルダーバッグとして使用。
コレを、オカッパリのライトゲーム用に送ってもらいました。

わりと小さめのバッグなんですが、
これがですね、個人的に
非常〜にちょうどいい。
小さめながらも、6ヶ所の収納スペースがあります。

まずは1番手前側の2つのポケット。

FullSizeRender

片方にハサミ、ライター、ノッター。
もう片方にはデジカメを収納。

そして、真ん中の収納部分には

FullSizeRender
その日使ったプラグを収納。
菅釣りの人達が使うスプーンウォレットと同じようにフックが刺せる素材が使われてるので適当にフック刺して収納。
反対側には硬い生地が使われているため、フックが刺さることはほぼない。
しかもポケットが2つあるので、ここにもお好みで薄めの物を収納出来ます。

そして、1番奥の収納。
ここがメインの収納部になります。

FullSizeRender
先ほど紹介したランガンプラグコンテナーが余裕で入ります♪
その奥のポケットにはショックリーダーとスナップを収納。いいじゃんいいじゃん♪

そしてバッグの外側左右にはプライヤーを収納出来るスペースがあるので、

IMG_5033

片方にはFishmanのミニプライヤーを。


IMG_5034

反対側にはフォーセップを収納。
魚にルアー飲まれた時の必須アイテムだからね。
どうせ錆びちゃうんで安いやつを買い替えながら使ってます。


これらの収納以外にも、

FullSizeRender
FullSizeRender

PazdesignのサポートベルトDカンを使えば、
自分好みに様々な物をバッグに装着出来るようになります♪




そして最後。
このバッグ本体のDカンには

FullSizeRender

第一精工の
ジャンクポケット 130
を着けて持ち歩いています。

https://www.daiichiseiko.com/products/5340/

今や定番となった糸クズワインダーよりも
ひとまわり大きいサイズ。
自分で出した糸クズやゴミはもちろん、
自分は釣り場に落ちている小さなゴミを拾って入れたりします。
大した量じゃないけど、拾わないよりはマシだからね♪

実売800円くらいで買えるので、
皆さんもぜひコレを身につけて、釣りの帰りにほんの少しでもゴミを拾ってくれたら非常に嬉しいです♪


他にも紹介したいギアがたくさんあるんですが、次回のお楽しみということで☆



















いやど〜も。


まただいぶ間が空いてしまった当ブログ。

ま、しゃあんめ!!

(訳・仕方ないよね)






さてさて。
いよいよ発売されるFishman初のルアー

FullSizeRender

『CORK150』


名前の由来ですが、







IMG_3943

コークスクリューブローなのか、



IMG_3946

こっちのコークなのか、


IMG_3948

まさかのコレなのか・・・!?


















じゃなくて




IMG_3945

どうやらこっちのコークらしい。
そりゃそうか(笑)



ワタクシのところにも製品版が届きました♪

FullSizeRender
うん、いい感じ♪


FullSizeRender
早速ニャンコからマトにかけられてます(笑)

FullSizeRender
素敵よーーー!!





◇どんなルアー?◇

そんなCORK150ですが、一体どんなルアーなのかを軽くご説明。

まずはスペック。

FullSizeRender

こんな感じ。
ちなみにスローシンキングです。
2/0フックとなっていますが、正しくは#2です。
フックサイズを変えたり板鉛を貼ったり、自分好みにイジるのもOK!


ルアーの解説↓↓↓

FullSizeRenderFullSizeRender


とのこと。

自分もテストに携わりましたので、わかる範囲で説明を。
まずはじめに言いたいのは、

S字系ではないということ。
そして、
シーバス専用ではないということ。

シーバス、青物、ロックフィッシュ、ブラックバス、トラウト、怪魚・・・などなど、自由に使って下さい☆

アクションはテールをユラユラと振る泳ぎ。
揺らめくようなアクションがCORKの特徴。

FullSizeRender
揺らめきアクションに堪らず食い上げてきたシーバス。


基本的にはただ巻きやドリフトで使いつつ、
好きなようにアクションを加えるのも良し。
ちょっとコツを掴めば水中ドッグウォークも簡単に出来ます。

FullSizeRender

色んな動かし方でアクションをチェックしてたら水面直下のドッグウォークで食ってきた1匹。

そして飛距離。

飛距離は結構ビックリすると思う。

かなり飛ぶ

あそこにジョイントルアーが届いたら・・・なんて妄想したこと、あるでしょ?
それが叶うルアーです。


FullSizeRender

なんせFishman TVでは上宮氏が

FullSizeRender

70m近く飛ばしてる!


かなりのカッ飛び具合。
今までジョイントルアーが届かなくて指を咥えて見てるだけだったあのポイントにも届いてしまう!!


そして、
個人的に特筆すべき点だと思うのは、

魚のサイズ大小問わず反応する

というところ。
これ、一見するとデメリットに見えるかもしれないけど実は素晴らしいこと。

ランカー専用!と謳っているルアーは世の中に数多くあるけど、そのルアーで1匹釣れるまでがやたらと時間がかかる、なんてことが良くあるよね。
えてして使い所が限られるルアーが多いし。
そういうルアーは魚のアベレージが小さい釣り場ではあまり出番がなく、せっかくの楽しいルアーも宝の持ち腐れになってしまう、なんてことも多々ある(^_^;)

しかしCORK150はボリューミーなボディながらデカい魚だけでなく

FullSizeRender

アベレージサイズも釣れちゃう。
使い所を選ばず、こういうサイズも釣れるルアーは個人的にはとても魅力的な存在だと思う。
このCORK150をきっかけに、ビッグベイトの世界に足を踏み入れていく人が増えるんじゃないかな??
普段より大きめのルアーで釣るという経験は釣りの幅を大きく広げてくれるからね♪
それを手軽に味わえるのがCORK150の魅力の1つではないかなと(^^)




◇使用するタックル◇

使用するタックルですが、57g(約2oz)なので、キャストだけ考えるとスローなスイングでキャストすればあまりタックルを選ばないです。
ただ、それだとCORK150の良さである飛距離がスポイルされてしまうし、フックも#2と大きいので、しっかりとルアーのウェイトを乗せて振り抜ける、そしてフッキング時にしっかりとフッキングをキメられる、ある程度パワーがあるロッドをオススメします。

Fishmanロッドで言うなら、

・Beams RIPLOUT 7.8ML
・BRIST 5.10MXH
・BRIST comodo 6.10XH
・BRIST comodo 7.5H
・BRIST MARINO 8.0M
・BRIST VENDAVAL 8.9M
・BRIST VENDAVAL 10.1M
・BRIST MARINO 10.6MH
・B.C.4 5.10MXH
・B.C.4 5.10H
・B.C.4 8.0MH

この辺りのロッドならバッチリ使いやすいですね。
一部、CORK150のウェイトがロッドの表記をオーバーしてるロッドもありますが、スピニングみたいにクイックなスイングでキャストさえしなければ大丈夫でしょう。(でも自己責任でヨロシクね)
一般的なシーバス用ロッドであれば、
M、MH、Hクラスの物でOK。
バスロッドならHかXH推奨。

リールはぶっちゃけ何でも良いです。
ただ、PEなら2.0号以上で使って欲しいからPE2.0号や3.0号を150m以上巻けるスペックのリールが望ましいですね。
積極的にアクション付けて泳がせたい方はハイギヤ推奨。
PEラインは2.0号、3.0号くらいが望ましいですね。
バス釣りで使う人にはナイロンかフロロの16lb〜25lbくらいがいいでしょう。



◇セッティング◇

まずはフックセッティングについて。
純正フックは2/0と書いてありますが、
なんだかやたら小さく見えたのでがまかつのSPMHの#2と比べてみたら

FullSizeRender

うん、完全に#2だ。2/0ではない(^_^;)

BKKの2/0と比較すると

FullSizeRender

明らかにサイズが・・・
ちょっと謎なのであとでFishmanに聞いてみよう。

追記・
Fishmanに問い合わせたところ、パッケージとHPの表記ミスで、正しくは#2番フックとのこと。
次回出荷分のパッケージから訂正されるそうです。
ちなみに各地のスタッフ陣は
#2、#1、1/0、2/0と、フックセッティングを模索しながらテストして釣果を上げてるんで、フックサイズを上げても大丈夫です。

スナップのセッティングですが、
細い物を使うよりも、ワイドタイプのスナップを使うのがオススメ。
アクションが良くなります。




◇カラーラインナップ◇

最後にカラーラインナップ紹介。

FullSizeRender



【マットチャート】

IMG_3934

人気定番カラーのマットチャート。
天候や水色など、あらゆる場面を想定し、
可能な限り多くの場面で視認性を確保するためにワタクシのワガママでヘッドをオレンジに塗ってもらいました。
視認性が抜群で動かしやすく、ルアーの位置を見ながら引いてこれるのでバイトの瞬間も良く見えるカラー。
アピール力の強さはもはや説明不要。



【ドッカンチャート】

IMG_3935

神奈川エリアの人なら見覚えあるかもしれないご当地カラー。
そう、アレがベースです(笑)
チャートとブラックの融合。
不人気なブラックをチャートという人気の衣で包んでしまえ!という強烈コンセプト。
視認性もアピール力もバッチリ!
釣果実績もバッチリ!
ブラック苦手な方、コイツで苦手を克服しちゃおう!

【キャンディ】

IMG_3936

説明不要。
魚も人間も大好きなキャンディカラー。
特にシーバスやフラットフィッシュには外せないカラーですよね♪
ピンクベースでカラフル。
女子にモテること間違いなし!
(意味不明)




【ほせコノシロ】

IMG_3937

うん、チャラい(笑)
名前からしてチャラさが滲み出ている。
広島のほせおくんカラー。
きっと釣れる魚は全部メスです(嘘)
視認性を重視したカラー。
ラインナップ中、1番オールマイティーなカラーだと思います。

お魚のメスたちよ、早く逃げてー!



【クロキンコノシロ】

IMG_3938

バスはもちろん、シーバスでも今や定番となった濁りに強いクロキンカラー。
開発当初はアカキンになる予定だったのですがバス釣りの方のことも考えて、バス釣りでも使いやすいクロキンにするように提案させてもらいました。
こういうボリューミーなルアーにはクロキンの方が似合っててカッコいいしね♪



【レーザーボラ】

IMG_3939

ラインナップ中、最もナチュラルなカラー。
でも視認性を確保するために、おでこに薄いピンクのマーカーがあるのがこれまたニクいね♪
色んなベイトパターンにマッチしそうな手堅い系カラー。


以上6色展開。






◇パッケージ◇

IMG_3932

パッケージはFishmanのイメージカラーであるワインレッドを基調としたシンプルな書体のパッケージ。
なんとなく、懐かしい駄菓子っぽいレトロな雰囲気を感じるパッケージだ。



◇気になるお値段◇


気になるお値段ですが、なんと

3980円(税込)

こういうジョイント系ルアーの中では群を抜いて安い、ユーザーフレンドリーな価格設定。
これにはスタッフ陣も皆ビックリしました。
Fishmanの企業努力の賜物ですな。

比較的手を出しやすい価格なので、是非使ってみて下さい☆

SNSでCORK150について発信する際は是非、

#CORK150
#コーク150


のハッシュタグをお忘れなく♪
Fishmanの皆で検索していいねしに行きます(笑)


今週中には店頭に並ぶと思いますのでよろしくお願いします(^_^)

ちなみにメーカー在庫は完売で、次の生産分が入荷するまではFishmanのオンラインストアでも買えないので、気になる方は近くの釣具屋さんに確認してみて下さい☆
一応、ブログの最後に出荷先一覧を載せておきますので参考にしてみて下さい(^_^)




ではでは、皆さんのCORK150での釣果、
楽しみに待ってます!!

FullSizeRender






【出荷先一覧】
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender

↑このページのトップヘ